保育士の転職方法 | より良い保育園求人の探し方【保存版】

hoikushi-tenshoku-houhou

Q:別の保育園に転職を考えています。良い求人の探し方はありますか?

今働いている保育園では人間関係でストレスが溜まることが多かったり、残業が多い割りに給料が安い。退職して、違う保育園で働きたい!でも今の保育園を辞めて退職してもその後の転職方法がわからないからどうしようと悩む保育士の方は多くいらっしゃると思います。

今現在は保育士の需要が多くあるため、就職先を見つけるのにはあまり困らないと思います。しかし、いざ就職した園が自分に合っていないと再び転職を考えることになってしまいかねません。採用試験を受ける前に、園の特色を把握する必要があります。

保育士の求人状況

今現在待機児童が多い中、保育士になりたいと思っている人は少ない傾向にあります。逆に考えると「保育士の働き口はたくさんある」ということになります。もちろん、ご自身のお住まい付近の求人がない、あるいは給料等自分が働く条件に対しての求人がないという方は多いかもしれません。ただ、保育士という職業自体の求人は多いのです。他の保育園の求人の待遇などを比べてみるのもいいですね。

1. 園のホームページをみる

各園でホームページをもっているところが多くあります。その中に園の方針や、保育方法、目指す子どもの姿がかかれていると思いますので、まずはその中から選んでいきます。

2. 転職サイトを使う

暇な時間に求人を探すことができる「転職サイト」は、今や必須の方法だといえます。パソコンや携帯からちょっとあいた時間に簡単に探すことができます。現在保育士の求人サイトは数多くあります。自分に合った園のあるサイトをみつけて登録するといいと思います。

3. ハローワークに登録する

公立の保育園の場合求人サイトには募集が載っていないことがあるので、役所に問い合わせをする、パートタイムの勤務でよければ、ハローワークに登録する、という必要が出てきます。

4. 学校で探す

求人が多いとはいっても探し方に苦労する方は多くいらっしゃいます。
私が実際におこなった求人の探し方は、まず自分が勉強して学んだ「学校」に行くことです。私は学生時代は短大に通っていたので保育園がお休みの日は短大に行って求人を見に行っていました。
学校には沢山求人がきますし、先生がいるので相談できるので「学校に行くこと」はオススメです。
保育士になりたい学生も沢山いるので、新鮮ですし刺激にもなります。

5. 園の行事を見に行ってみる

夏祭り、運動会など、園の行事を見てみると、園の雰囲気がよくわかると思います。園内に入る行事はセキュリティーの問題から難しいこともあると思いますが、地域のイベントに園児が出演していることもあると思います。子どもたちの様子だけでなく、保育士の動き、保育士間の様子をよく見ると、保育所勤務経験のある方なら、だいたいの雰囲気はつかめると思います。

6. 実習からきっかけをつかむ

気になっている園に電話をかけて、自主実習を何日間かできることを確認し、実際先生が働いている姿を見てみるのも良いと思います。働いている先生の様子をみて園の雰囲気などを掴むことは大事です。
実習をした結果自分に合っている園だと思ったら、求人募集しているのか聞いてみましょう。もしその年に求人募集していなかったとしても、園のことを知れる良い機会になると思います。

7. 仲間からの紹介

保育士友達に保育園を紹介してもらうというのも一つの手です。友達からの紹介は、採用されやすい傾向にあります。
自分にとってもありがたい話ですが、友達や園長先生にとっても気心の知れた保育士を採用できることはメリットです。私の周りは友達の紹介で他の保育園に転職するケースが多かったです。

絶対に焦ってはいけない

焦っている時はたいていうまくいくことはありません。
時には妥協も必要なことはありますが、焦って求人を探して採用されても、自分に合わずに辞めて転職活動のやり直しになることもあります。焦らないように心がけて下さい。

まとめ

今の保育園を辞めて後悔しないのかをよく考えてから退職しましょう。そして、転職活動は辞めた後ではなく「保育園を辞める前」におこなってください。

紹介の依頼や実習への参加は多少ハードルがありますが、保育士求人サイトへの登録など、それこそ今日にでもできることもあります。

もちろん、辞めたいと思う時期や辞めることが確定する時期によって、転職活動をスタートするタイミングは変わるでしょう。ですが転職の機会を逃さないよう、早め早めに転職活動を始めましょう!保育園の求人は早くて夏から募集を開始しますよ。

今の園を退職して再び保育士として働きたい場合、園の特色を見極めたうえで応募することによって、再び退職しなければいけなくなるということを防ぐことができると思います。自分に合った保育園がみつかるといいですね。

コメントを残す