保育士の面接 | 印象をアップする服装・髪型・マナー

hoikushi-mensetsu

人のイメージを左右する”身だしなみ”と”立ち振る舞い”。面接で話す内容や話術よりも基本的な部分に面接管は注目しているといいます。子ども達と接する保育士ならではの注意点を踏まえながら、面接時の服装やマナーをチェックしたいと思います。

面接の時の服装は?

面接では清潔感のある身だしなみが原則となります。特に指定されない場合でも、黒・紺など落ち着いた色合いのスーツを着て行きましょう。スーツでない場合にも、シンプルで好感のもてる服装が良いかと思います。

スーツの場合、しばらく使っていないと変な所にシワが出来ていることがあります。前日までにアイロンをかけ、エチケットブラシでほこりを取っておきましょうね。ブラウスは、白か淡い色を選びフリルやタイなど装飾のないものを着て行きましょうね。伝線しやすいストキングは、予備として1足カバンに入れておきましょう。

面接時の髪型

肩より下にある髪の毛は、すっきりと束ねましょう。基準は、お辞儀をしたときに髪が顔にかからないようなくらいです。ショートカットの方も顔にかかるようであれば、ピンでとめるとだらしないイメージを払拭できますよ。また前髪もピンで留めるなどして、しっかりと顔が見えるようにしてくださいね。保育園によっては、茶髪禁止・ピアス禁止の所もあるので落ち着いた髪色にしアクセサリー類は外していきましょう。

面接時のお化粧

お化粧は、派手でなくナチュラルメイクにしましょう。それならすっぴんの方がとも思いますが、身だしなみのために柔らかな印象や健康的な印象を与えるメイクをするといいですよ。ファンデーションは白すぎず肌に合ったものを選び、チークをのせましょう。オレンジは健康的で元気なイメージ、ピンクは可愛らしい感じにみられるそうですよ。
リップは荒れていると不健康に見られますので、リップクリームでケアしておきましょう。保育士は子供はもちろん親御さんとも関わるお仕事ですので、メイクにもある程度気を遣いたいところです。

爪先のケア

他の職種では、あまり重視されることは少ないであろう爪先ですが保育士となると重視されることが多いです。直接子どもに触れる仕事だからこそ、関わっているうちに傷つける事のないよう短く切り揃えてやすりをかけておきましょう。華美なネイルなどはせずに自然な爪の方がいいですよ。職業上仕方ない気もしますが、手荒れやささくれがあると子どもを傷つけてしまう恐れがありいい印象を与えないので、お手入れしておきましょう。

立ち振る舞い方

立ち振る舞い方は、その人の人柄や癖が出やすい所でもあります。少し気をつけるだけで、好印象を与えることができるので1つ1つみていきましょう。

  • 表情:子どもに大きな影響を与える顔の表情。面接の時には、口角をあげ柔らかい笑顔を見せると好印象ですよ。
  • 挨拶:保育士の仕事では、人と関わるのがメインですよね。その中でも、挨拶はとっても重要になってきます。面接管だけでなく、廊下ですれ違った園児や職員にまで気を配って積極的に挨拶をしましょう。
  • 話し方:ゆっくり・はっきり・相手の目を見て、思いを伝えましょう。声の音量は大きすぎず、小さすぎず相手に聞こえるように答えましょう。答えにくい質問をされてもうろたえることなく、しっかり考えて答えましょう。もし、早口になりすぎてしまうとか語尾を上げて話してしまうなど癖のある方は、これを機会に聴きやすい話し方を身につけると良いですよ。

まとめ

面接前は色々と忙しく、忘れ物はないかとか、面接の内容はどうか等バタバタしますよね。この話の中で、保育士が転職を成功させるための、沢山の注意点を書いてみました。いくら面接の中で良い内容の話をしても、爪は伸びていてボサボサの髪の毛では説得力に欠けますよね。面接の前は出来るだけ時間にゆとりを持ち、身だしなみにも気を配りましょうね。

コメントを残す