男性保育士の転職(採用・給料・結婚) | おすすめ求人サイト

dansei-hoikushi

女性の職場ともいわれる保育士の仕事ですが、最近では男性保育士も増えてきているんですよ。男性保育士の採用の厳しさ、将来の不安や結婚事情・給料面など厳しい実態についてお知らせします。

厳しい採用

保育士を志し、資格を取得したのに職がないというのはよくある話です。男性保育士が増えてきているといっても、保育園・幼稚園で働いている職員は1・2人の世界のようです。まだまだ現場では女性が多く、採用条件に男性不可と書かれているところもあります。保育園によっては、女性の世界に入ってきてほしくないという声も聞かれ、ショックを受けてしまいます。

また、保育士は子どもと関わるだけでなくピアノや絵画・造形のスキルまで合わせ持たなくてはなりません。また、仕事にしていると「先生、かみの毛しばって」と言われることもあります。そう言ったことが、女性と同じように求められるのです。

一方、保育士という資格だけでなくバスを運転すつことが出来る大型免許を取得したりと+αで資格を持っていると有利ということもあるようです。男性というだけで採用されるのさえ厳しいというのが現状のようです。

お給料は?

基本的に女性の給料と変わりありませんが、女性のように妊娠・出産で退職する事が少ないので若干高く貰える所もあります。ですが、安月給で知られる保育士。平均年収は330万円程なので、月15~23万位でしょうか。働く年数によって上がっていく所もありますが、将来的に結婚を考えると厳しくなりますよね。

結婚事情

独身男性なら気にするのが将来のこと。このお給料で結婚出来るだろうか?養っていけるだろうか?と不安を抱く男性保育士が多いようです。仕事をしている時間も長く、持ち帰って仕事することが多く休みも不定休の仕事のため出会いがほとんどなく婚期が遅れる場合も少なくないようです。それでも、結婚している男性保育士は沢山いますよ。

しかし、旦那さまの給料だけでは生活が厳しくなるので共働きがほとんどのようです。また、保育の仕事は保育園で働くだけではないと、もっと給料の良い障害者施設に転職する保育士も多いのです。お金だけのことを見れば、ネガティブになりますが子育てはスペシャリストの男性保育士は良きパパになるでしょう。

まとめ

昔、保母さんと言われていたほど女性保育士が半数以上を占めています。そこへ、男性保育士が入ることにより今まで女性保育士がやっていた力仕事が楽になったり、アクティブな遊びに子どもは大喜びです。まだまだ、厳しい男性保育士の現状ですが近い将来もっと働きやすくなっていることを期待したいですよね。

男性保育士におすすめの求人サイト

保育エイド
各保育園の人間関係についてのリアルなデータベースを保有しています。男性保育士はとりわけ職場の人間模様に気をつかうところだと思います。保育エイドであれば、あなたの性格も含めて人間関係的にマッチする園を提案してくれると思います。

保育LIFE
こちらは求人数が多く、条件を細かく設定してコンサルタントがおすすめの保育園を提案してくれます。男性不可の求人などを予め省いて効率的に転職活動をおこなうことができるはずです。

コメントを残す