保育士として、やりがいを感じられる保育をする為のアドバイス!

hoikushi-3

私は幼稚園教諭を4年、保育士を2年(現在は産休中です)やっているものです。保育士を目指し保育の道を進んでいると、色々な壁がでてきますよね。私も自分の思った保育が思うように出来にくい園だったり、保育士同士の人間関係が良くなかったりして悩んだ時期もありました。辞めるか、辞めないかの判断基準は、自分が変わる事でその、悩みが解決出来るか?だと思います。

初めて勤めた幼稚園はそもそも1人担任なのに手作りしなくてはいけない教材が多く、ほぼ休みも家で仕事の準備、保育記録作りで、平日は寝るのが2時という日もよくありました。
書類作りや、記録は年数が経つにつれて慣れて、スピードも早くなりましたが、手作り教材や一人一人に何かを用意する事や、暗記してこどもに童話を語る為の暗唱などは昔からの園の方針であり、どうすることも出来ませんでした。出来なければ仕事に行けないというプレッシャーで、不眠になり精神的に追い込まれました。私はこんな事をしたくて保育の、道を志したのではありません。園の方針は大切であり、それが園長先生の志しなのであれば、自分から、自分にあった場所に移るしかないと思うのです。なので、私は転職は悪いとは思いません。
スムーズに転職するには、自分がやりたい保育を明確にすること、そして、どんな仕事環境下で働きたいか、希望するお給料、福利厚生面など全てをノートに書き出すことです。そして、私立がいいか、公立がいいかも重要です。私立はその園その園に独特なカラーがありますが、どっぷり浸かることができたら移動も無くて、自分にとって居心地が良いものとならります。公立は色々移動がありますが、その園その園の地域性のちがいや、先生達との新たな出会いがあって、楽しいです。私は私立幼稚園から、公立保育園に転職しましたが、公立は保育士が足りないと言われる県が多いため、臨時職員非常勤職員を多く募集していることがあります。正規職員も臨時、非常勤をしながら経験を積めば試験を受ける機会もでてきますので、新たな職場と出会うために、臨時職員になる事にしました。区役所の保育課に専用の履歴書を持って行ったら、その場で条件の合う保育園を紹介してくださいました。

その時に空きがあるか、無いかはタイミングかもしれませんが、区役所の保育士免許所有者として、登録してあると、空きが出た時に連絡が、貰えます。その時にはすでに保育園側は、私の存在を知っていて、こんな人が就活しています。という情報が入っているのでとてもスムーズに園を変える事ができ、助かりました。今は産休中ですが、新しい園で伸び伸びと保育をさせてもらっています。

自分のやりたい保育が出来る保育園、幼稚園、こども園は必ずありますので、諦めずに就活してみる事を、お勧めします。

コメントを残す