保育士に限らずストレスフリーで仕事を続ける方法とは

実は私も保育士の仕事をしていました。少し特殊ですが英語専門の保育士でした。特に私の場合は外国人のスタッフがいたので意思疎通というより常識がやはり通用しない部分でとてもストレスを抱えていました。それぞれの環境によって悩みは違うと思いますが。

自分にとって何が一番ストレスになるのかをまず考えた方がいいと思います。対保護者なのか対保育士なのか対会社なのか。大きくは環境か人間関係なのかということです。
そしてそれに対して解決出来る方法があるかどうか、ある場合はその方法を実行する事。
ひとつ注意しなくてはいけませんがその際、今までの自分の周りの人間関係は一切無視してドライに考える事をお勧めします。今まで良くしてくれたからあの人だけは・・・のような甘い考えは捨てるべきです。痛みの伴わない解決策はないと思った方がいいかと。
全てにおいて必ずどこかで何かと衝突します。衝突しているからこそストレスがあるわけですから。そのため覚悟をもってその解決策に乗り出した方がいいでしょう。なので今まで自分が築いてきた人間関係は考慮すべきではないということです。
解決策が見つけられない場合には見切りをつけてすぐ次の職場を探した方がよいでしょう。仕事は山ほどありますから。

忘れないでほしいのは精神的に疲れてしまい体調を壊してまでする仕事なんて絶対にないということです。その際にはまずつらくなったらすぐに転職サイトに登録しましょう。最低2つは登録する事をお勧めします。同じ企業でもサイトによって保育士採用の条件が違う事があったりしますから。

何より自分のことを一番に考えてください。仕事や環境に執着するのはやめて保育士の仕事に限らず貴方がストレスフリーで過ごせるかどうかが一番大切かと思います。

コメントを残す